プロフィール

37

  • Author:37
  • 名古屋市在住・短大生・映画(舞台)裏方志望。
    レビューは大抵ネタバレしていますのでご注意を!!
    コメント・トラバ気軽にどうぞ。
    当ブログはリンクフリーですが、知らせて頂けると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書く女

を観たかったんですが・・・

最初びわ湖ホール公演のチラシを見つけ、
「びわ湖かぁ・・・ちょっと遠いなぁ・・・」
と思ってたら長久手公演のチラシを発見!!
あれ?まさか色々回ってんのか?!と調べた時には既に遅く
行ける距離の公演チケットは全て完売・・・

で、『書く女』が何なのかと言うと、
永井愛さんと大石静さんが設立し、
交互に脚本を書く形でスタートした二兎社の33回公演。
現在大石さんは退団して永井さん一人で書いてらっしゃるそう。
付焼刃情報なので私もさっき知った(笑)

主演は寺島しのぶさんで、内容は樋口一葉の・・・半生???
彼女の日記は物凄いらしい、
師への秘めた熱い思い、友人知人への激辛評論、人の言動の詳細メモなど等
「書く女」一葉の自立に読まれちゃ困る日記から熱く迫るらしい。


読まれちゃ困る日記・・・
今、久世光彦の『陛下』を読んでいるが、その中に啄木の話しが出てくる。
彼はローマ字日記を付けていたそうだ。
その理由はぱっと見て読めないから、つまり読まれちゃ困る日記。
それもそのはず、女に対する欲望の強さへの自己嫌悪や、
女とどういう体位で寝たか迄詳細に書いてあるらしい。
永井愛さんも書くなら読まれちゃ困る日記が書きたいと言っていた。

そう言われると私もそんなのを書いてみたいと思う。
しかし何で読まれては困るのに書きたい衝動に駆られるのだろうか?
自分で読み反す?書く事で留めておきたい?
それとも本とは読まれたいのではないだろうか?
赤裸々な自分の姿を見られたいが、
高らかにそれを宣言するのには羞恥心が邪魔をする。
なので建前は読まれちゃ困る、でも人に分かる形で残していった。
そんな気がしてなりません・・・
スポンサーサイト

キンキーブーツ

チラシを始めて見つけた時(8月5日)からずっと観たいと言っていた映画。
試写会が当たったので昨日観て来ました!


ところでそもそも、キンキーとはなんぞや?
と言いますと、
①変態の、性的に倒錯した
②奇妙な、変わり者の  
と言う意味。
直訳してしまえば『変態ブーツ』世に言う女王様ブーツの事です。


あらすじ
倒産寸前の老舗靴工場の跡を継いだのは、「どうしたら良い?」が口癖の優柔不断チャーリー。
そこに現れたのがカリスマドラッグクイーンのローラ。
彼女(?)達ドラッグクイーンの悩みは小さな女性用ブーツを無理やり履いている事。
工場再興の為にチャーリーが考え出した新製品は、 男性用セクシーブーツだった!!


ド初っ端から小さいローラにやられた~・・・
なんであんな高いヒール履いて小さい子が踊れるの?!
大人ローラ役のキウェテル・イジョフォーは、 案外見た事ある人が多いのでは?
メジャーなところで『ラブ・アクチュアリー』『インサイド・マン』
『堕天使のパスポート』等に出演しています。
普通の兄ちゃん?オッサン?なんですが、眉を整えメイクをし、かつらを被って、
セクシードレスとブーツに身を包むと、見事なカリスマドラッグクイーンに!!
基本がキレイなんですよ!目パッチリだし、唇の形が超セクシ~!!


そして優柔不断なチャーリーはジョエル・エドガートン。
どっかで見たことあると思ったら『キング・アーサー』でした。
あと『スターオーズ』のエピソード2,3にも出演。
なんと言うかピッタリだった(笑)
あまり目力があったり、やる気があってはいけないんだけど、
やる時はトコトン熱くなる。
役者さんって素で目に力がある人が多いから、
逆にここまではまる人があまりいないんじゃないかと思う。


この映画ド派手でぶっとんでるだけかと思えばそうではなくハートフルムービー。
ローラがレストランの前で泣いてるところはもらい泣きしそうになりました。
予告だとドギツイ印象がするかもしれませんが、
田舎の老舗靴工場が中心なので、逆にゆったりしている。
靴好きにとっては工場内や製造工程が観られるのも嬉しいところ。


そしてこの映画の主人公チャーリーにはモデルが!!
イギリスの家内制製靴業者スティーブ・ペイトマンという方。
メーカー名は『Brooks』で、キンキーブーツは『Divine』と言うブランド名で展開してます。
探すとスティーブ自身がブーツを履いている写真が出てくる(笑)


名古屋では9月9日公開ですが、他の地域は既に公開しているはず。
気になった方は是非劇場へ!!家族で観ても楽しめる映画です。


↓公式HP
http://www.movies.co.jp/kinkyboots/

↓ここから予告とインタビューと一部本編が見れます。
http://cinesc.cplaza.ne.jp/db/review/mo4501/index.html

↓関西のキンキーブーツ応援ブログ。
 他ではあまり語られてない豆知識が載ってます。
 そしてほんまもんのジャパニーズドラッククイーンの画像も♡
http://kinkyboots.buzzlog.jp/e6983.html

姑獲鳥の夏

やっと観れました・・・。

小説を読んでから大分経つので細部を忘れていて、
すっ飛ばしな映画なのにあまりイラっとはこなかった(笑)
すっ飛ばしと言うか・・・殆ど最初と最後だけ???

とりあえず色々と派手過ぎだと言う気が。
久遠寺医院はなんで洋館でなく城になってたんだ???
そして京極堂って2階あったっけ?
なんか家もイメージよりでかい。
そして私の中では雪絵さんは普段洋服だったのだが・・・
あとダチュラって温室で咲いてたんだ?

気になったのが、うぶめの下半身が赤く染まるところ。
静止画で赤いのかと思ってたけど、動画で赤く染まってくなら、
雫が落ちて広がってくような動きの方がかっこいいと思った。

あとは音量の差がありすぎるところ。
小さい声に合わせると音楽や叫び、怒鳴り声が大きすぎ、
音楽や怒鳴り声に合わせると小さい声は何言ってるか分からない。
京極堂の活舌が悪い所もあったけど・・・
一々音を調節するのがめんどくさかった。

紙芝居の演出は面白かったけど、
あの絵は一体誰が・・・水木プロ?
あ、スタッフロールしっかり見とけば良かった。
最後の『墓場のきたろう』はご本人から借りたんだろうか?
最後見てたね(笑)ってかあれ水木さんだったんですね。
原作者の京極さんはあの役ができただけで本望なんじゃないでしょうか。
え?でも両腕なかった???

取り合えず、相当酷いと聞いていたので楽しめました(笑)
原作を読んでからだと凄いイラっときて、
後から原作読むと良いとこだけ知ってて詰まんないと思うので、
私のように原作を忘れた頃に相当酷いんだ・・・
と思いつつ観ると楽しめると思います。(何だそりゃ)

ところでこの映画、前売り券にオマケが付いてたんですが、
それを知らずに「まぁ、安い日に行こう」と思ってたら、
オマケが原作本を小さくした豆本で、
(内容は原作からの京極堂の台詞とか、登場人物の描写部分の抜粋)
本好きとしては(私はただの読書好きと言うより本という形状からして好き)
物凄く欲しいアイテムだったので、惜しい事をした・・・と思っていたら、
先日映画館へバイトに行ってる友人から
「姑獲鳥の夏の前売り特典が何故かいっぱい置いてあったらから貰っといたよ。」
と電話が来て、一人で舞い上がりニヤニヤしてたら、
母に気持ち悪がられました・・・(そんだけ。)
まだ受け取ってないので、中を見るのが楽しみです♪

鉱石ラヂオ

また一ヶ月も放置ですみません。


卒展に付いてあれこれ考える内に作品使いたいと思いたち、
本格的に鉱石ラジオについて調べはじめたのですが、
取り合えず以前購入した『大人の科学マガジン』の付録のラジオを組み立ててみる事にしました。

取り敢えずはコイルから。
この付録コイルがやけに仰々しい・・・
多分バリコンに連動させるためにバリコンの周りを通るようにしてあるんだけど、高さも幅も30センチぐらいある・・・
コンデンサーとコイルを並列又は直列に繋ぐと同調回路となる。
同調回路は聞きたい周波を検波するより先に選び取り検波器に送ってくれるというもの。
私もさっき読んでやっと分かったんだけどね。
バリコン(可変コンデンサー)の仕組みもさっき分かった・・・。
自分こんなんで大丈夫だろうか・・・

さて組みたて、
コイルの枠を組み立て、二次コイルと一次コイルをまき、
バリコンを組み立て、増幅回路基板を取りつけ、配線をし、
全部を組み立てて完成。

コイルを巻くのに30分強~一時間弱位、
全部出来上がるまでに2時間半強~3時間弱位だと思います。
夜中の0時過ぎから始め途中少し休んだので、既に3時過ぎ・・・

それから検波に挑戦したんですがウンともスンとも言わない・・・
しょうがないので風呂には入って寝て、
次ぎの日試してみると・・・
やっぱり駄目。
試しに増幅回路を使ってみたんですがこれでも駄目。
何か間違えただろうか???
と確認してみますがどこも間違ってない。はず。
しかし組み立て方の説明で一次コイルと二次コイルの表記が間違っているのではないかと言うところを二箇所見つけたので、コイルの増幅回路とバリコンの配線が逆だという可能性もある・・・
あとコンデンサーのプレートの片方のフィルムは取らなくて良いのだろうか・・・
それからウレタン線の先のコーティングの剥がし方が甘かったかもしれない・・・と思い、
取り合えず全部ばらす事に。

まずウレタン線の先端を紙やすりで磨き、
ゆっくり確認して組み立て、
最後の仕上げをしているところへ丁度父が!!
これはナイスタイミングと、色々質問する。
バリコンのフィルムは取らなくて良いかと聞いたらそれは取らなくて良いと言われ、
(あとでバリコンの説明を読んでみるとプレート同士が絶縁していないといけないので、そのフィルムがめちゃくちゃ大事だった/笑)
コイルの配線は一次コイルをバリコンに繋いで二次コイルを増幅回路で良いのかと聞くと説明書を見ながらそれで良いと言われたので繋いだんですが、
これだと昨日のまんま・・・・
で、取り合えずゲルマニウムダイオードを繋いでみたんですがなんとも言わない・・・
で電池を入れて増幅回路で聞いてみると・・・
何とも言わない・・・
やっぱり駄目か?いや待てよ、原因はダイオードじゃ・・・と、
付属のダイオードは加工してしまったので、
手持ちのダイオードを直で線と繋ぎ、増幅器の切り替えスイッチをいじってみると・・・
『ガガッ』
おお!!
なんか言った!!!!!
これで繋がってる事は分かりました。
それから探す事・・・どれぐらい探してたんだろう???
何だかかすかに聞こえる?のか?と言うところを発見。
ラジオの向きを変えてみると、聞こえる!!
なんか言ってるよ!!音小さいけど(笑)
寝かけている父と母をたたき起し、
「聞いてみて聞いてみて!!」と聞かせると、
母はにんまりと笑い「なんか言ってる」と言ったので、
私の幻聴ではなくちゃんと聞こえてました♪
それからゴチャゴチャいじくって合計3局聞こえました。

ゴチャゴチャいじくってて発見したのが、
検波器に触れていると音が大きくなること。
つまり自分がアンテナになってるってことだろうか?
あと、片手で検波器に触れながらもう片方をバリコンに近づけるとハウリングが起こりました!!
ビックリだよ・・・。
これは自分を通して電波がループしちゃってるって事ですね。
ラジオの音より大きいけどやっぱ小さいハウリング(笑)
聞いてて不快じゃないハウリングなんて始めてだわ。
紅の豚でジーナが無線で暗号聞いてる時に検波してた時の音もこのハウリングと同じ。
(↑音を想像するのに凄く分かりやすい説明だと思う/笑)

あと、鉱石でも検波に成功しました!!
ダイオードで検波しておいた局にバリコンを合わせておいて、
ダイオードと鉱石(磁鉄鉱)を交換し、針の位置を色々試してみると、『ガガッ』と鳴る中に人の喋り声が・・・
あれは幸福な瞬間ですね。

では長々と書きましたがやっと鉱石ラジオ第一歩を踏み出す事が出来ました。
卒展で形に出来れば良いですが、挫折するかもしれません。
期待しないで見守っといて下さい(笑)

3ヶ月も放置・・・

すんごい放置してしまいました、すいません!!
最近ミクシィで書いているので、こっちをすっかり忘れてしまっていました。
ミクシィ登録してる方は良かったら探してみて下さい。

書いてない内に色々ありました。
2年生になり、20才になり、教育実習があり、その外色々・・・
今年は学校では版画を専攻。
写真部は継続で、その他ガラス工芸部、陶芸部にも所属。
これから作品など載せて行きたいと思いますので、
更新遅いですが、足を運んで下されば幸いです。

今日はホルガのプラモデルカメラを買った。
なんと、税込\1575!!
ビニールバックに入って売っているんですが、
バックの色が緑、ピンク、オレンジ、黄色、水色、黒、乳白色、茶色等何種類かあり、
私は茶色を買った。
値段的も、面白さも、デザインもプレゼントに最適。
ビレバン等で売ってるので、興味のある方は探してみて下さい。
明日組み立てたいと思います。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。