プロフィール

37

  • Author:37
  • 名古屋市在住・短大生・映画(舞台)裏方志望。
    レビューは大抵ネタバレしていますのでご注意を!!
    コメント・トラバ気軽にどうぞ。
    当ブログはリンクフリーですが、知らせて頂けると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉱石ラヂオ

また一ヶ月も放置ですみません。


卒展に付いてあれこれ考える内に作品使いたいと思いたち、
本格的に鉱石ラジオについて調べはじめたのですが、
取り合えず以前購入した『大人の科学マガジン』の付録のラジオを組み立ててみる事にしました。

取り敢えずはコイルから。
この付録コイルがやけに仰々しい・・・
多分バリコンに連動させるためにバリコンの周りを通るようにしてあるんだけど、高さも幅も30センチぐらいある・・・
コンデンサーとコイルを並列又は直列に繋ぐと同調回路となる。
同調回路は聞きたい周波を検波するより先に選び取り検波器に送ってくれるというもの。
私もさっき読んでやっと分かったんだけどね。
バリコン(可変コンデンサー)の仕組みもさっき分かった・・・。
自分こんなんで大丈夫だろうか・・・

さて組みたて、
コイルの枠を組み立て、二次コイルと一次コイルをまき、
バリコンを組み立て、増幅回路基板を取りつけ、配線をし、
全部を組み立てて完成。

コイルを巻くのに30分強~一時間弱位、
全部出来上がるまでに2時間半強~3時間弱位だと思います。
夜中の0時過ぎから始め途中少し休んだので、既に3時過ぎ・・・

それから検波に挑戦したんですがウンともスンとも言わない・・・
しょうがないので風呂には入って寝て、
次ぎの日試してみると・・・
やっぱり駄目。
試しに増幅回路を使ってみたんですがこれでも駄目。
何か間違えただろうか???
と確認してみますがどこも間違ってない。はず。
しかし組み立て方の説明で一次コイルと二次コイルの表記が間違っているのではないかと言うところを二箇所見つけたので、コイルの増幅回路とバリコンの配線が逆だという可能性もある・・・
あとコンデンサーのプレートの片方のフィルムは取らなくて良いのだろうか・・・
それからウレタン線の先のコーティングの剥がし方が甘かったかもしれない・・・と思い、
取り合えず全部ばらす事に。

まずウレタン線の先端を紙やすりで磨き、
ゆっくり確認して組み立て、
最後の仕上げをしているところへ丁度父が!!
これはナイスタイミングと、色々質問する。
バリコンのフィルムは取らなくて良いかと聞いたらそれは取らなくて良いと言われ、
(あとでバリコンの説明を読んでみるとプレート同士が絶縁していないといけないので、そのフィルムがめちゃくちゃ大事だった/笑)
コイルの配線は一次コイルをバリコンに繋いで二次コイルを増幅回路で良いのかと聞くと説明書を見ながらそれで良いと言われたので繋いだんですが、
これだと昨日のまんま・・・・
で、取り合えずゲルマニウムダイオードを繋いでみたんですがなんとも言わない・・・
で電池を入れて増幅回路で聞いてみると・・・
何とも言わない・・・
やっぱり駄目か?いや待てよ、原因はダイオードじゃ・・・と、
付属のダイオードは加工してしまったので、
手持ちのダイオードを直で線と繋ぎ、増幅器の切り替えスイッチをいじってみると・・・
『ガガッ』
おお!!
なんか言った!!!!!
これで繋がってる事は分かりました。
それから探す事・・・どれぐらい探してたんだろう???
何だかかすかに聞こえる?のか?と言うところを発見。
ラジオの向きを変えてみると、聞こえる!!
なんか言ってるよ!!音小さいけど(笑)
寝かけている父と母をたたき起し、
「聞いてみて聞いてみて!!」と聞かせると、
母はにんまりと笑い「なんか言ってる」と言ったので、
私の幻聴ではなくちゃんと聞こえてました♪
それからゴチャゴチャいじくって合計3局聞こえました。

ゴチャゴチャいじくってて発見したのが、
検波器に触れていると音が大きくなること。
つまり自分がアンテナになってるってことだろうか?
あと、片手で検波器に触れながらもう片方をバリコンに近づけるとハウリングが起こりました!!
ビックリだよ・・・。
これは自分を通して電波がループしちゃってるって事ですね。
ラジオの音より大きいけどやっぱ小さいハウリング(笑)
聞いてて不快じゃないハウリングなんて始めてだわ。
紅の豚でジーナが無線で暗号聞いてる時に検波してた時の音もこのハウリングと同じ。
(↑音を想像するのに凄く分かりやすい説明だと思う/笑)

あと、鉱石でも検波に成功しました!!
ダイオードで検波しておいた局にバリコンを合わせておいて、
ダイオードと鉱石(磁鉄鉱)を交換し、針の位置を色々試してみると、『ガガッ』と鳴る中に人の喋り声が・・・
あれは幸福な瞬間ですね。

では長々と書きましたがやっと鉱石ラジオ第一歩を踏み出す事が出来ました。
卒展で形に出来れば良いですが、挫折するかもしれません。
期待しないで見守っといて下さい(笑)
スポンサーサイト

教職彫塑

昨日から今日の2日に亘り教職の集中講義で彫塑をやった。
彫塑って何するんだ???と思い色々想像してみたのだが良く分からないまま当日になった。

1日目。
朝、夏休みの時差ボケで少々のんびりし過ぎて出るのが遅れた、
まあどうにか間に合うだろと思いつつ、学校の売店が閉まっているかもとの疑念からプラットホームにあるコンビニで通勤ラッシュの凄い込み合いの中おにぎりを買っていたら電車が出発してしまい、
しょうがないので次ぎので行ったら講義に間に合う時間のスクールバスがもう無かった・・・
のだが!一台と待ってるバスの運転手さんに次ぎのバスかと聞いたら
「大学行くの?乗せてってあげるよ。」
と、どうやら違うのだがやさしいお言葉に甘え乗せてもらい、
どうにか1分遅れぐらいで行けた。

先生の説明によれば友人の顔を作るらしい。
とりあえず汚れても良い格好に着替えてから、
まずはデッサン。これは凹凸やなんやら特徴を捉えるためのにやる。
15分ずつで交代しながら色々な角度から見て描いてみる。
それで午前中は終り。

午後からは粘土をこねて顔を作っていく。
まずゴムが貼ってある木の板に出来上がりの大きさ位の粘土を敷き、そこに肉付けをしていく。
凹凸や肉の出具合(デコが出ているとか頬が出ているとか)を色々な角度から調整。
細部は好みで省略したり又は凝っても良いが、あまり細かいと綺麗に出ないので注意。
一日目の作業はここまでなので濡らしたボロ布とビニールを被せ乾かないようにする。

2日目。
まず石膏の溶きかた。
作りたい量より少し少ないぐらいの水を容器(琺瑯引きのボールだと洗う時便利)に入れ、
石膏を玉にならない様に手で解す様に入れていく。
この時真ん中にばかり入れていると山になってしまうので平らになるよう満遍なく入れる。
沈殿しきって沈まずに上に少しだけ溜まる様になったら容器を叩き空気を抜く。
上澄みがあるようなら石膏を足すか上澄みを捨てから、100回位を目安にぐるぐるかき混ぜる。
最初はパックから出したての生クリームのようだが、だんだんとヨーグルトのようになり、
カッテージチーズのようになり、固まる。
石膏は科学変化で固まるのであまり混ぜすぎたり混ぜなさ過ぎたりすると
固まらなくなったりするらしいので注意。

まずは昨日の粘土の回り、板のところを濡らした新聞紙で覆う。
次に生クリーム状態の石膏を手で飛ばしながらかけていく、
満遍なく掛かったらしばらく放置。
表面がつや消し状態になったらもう一度石膏を溶きかける。
またしばらく放置し、つや消しになったら
ちょっと固めのヨーグルト状態位の石膏をヘラで塗っていく。
大体1センチ~2センチぐらいの厚さに塗るのだが、
全体的にやるのではなくいっとこから塗っていかないと厚さが分からなくなるので注意。
厚さが違うと割れる原因になるので出来るだけ均一に、
しかしだんだん石膏が固まってくるのでスピーディーに!!
出来たら一旦乾くまで放置。

乾いたら木槌で回りを叩いたりヘラ等を使って板から剥がす。
(濡れ新聞が敷いてないと板にくっ付いてしまって取れない。)
剥がれたら少し粘土をちぎって内側に残った余分な粘土を取り集める。
kao.jpg

型から剥がす時に粘土の方の鼻がやられてしまった・・・まぁどうせ潰すから良いんだけど。
次に離型剤(無い場合は洗剤)を刷毛で刷り込むように塗る。
内側だけ出なく断面の部分も良く塗る。
乾いたら塗るを2~3回繰り返す。乾いたら型の外側だけを水で良く濡らし、
生クリーム状態の石膏を流し入れフライパンに油を敷くような要領で満遍なく塗り、
余った物はボールに戻す。乾いたらもう一回塗り、
次にフラックス(?)を良く解し、石膏に付けくるくると丸め小さいナベ敷きのような形にし、
少しずつ重ねながら内側に敷いていく。
満遍なく全部敷いたら縁の部分などを石膏で補強して乾かす。
乾いたら断面の部分を木槌で叩いて型を割り出す。
取れない時はマイナスドライバーを宛てて木槌で叩いたりする。
鼻の穴や目のライン等細かい部分は色々道具をくしして本体を傷つけないように取り除く。
最後にバリをカッターなどで取って出来上がり。
kao2.jpg

もし空気が入って穴が開いていたり修正したいところがあったら湿っているうちに修正する。

みんな早く出来て、予定の30分前に終った。
暇な時間に友人と(勝手に)親指の第一間接までの型もとったのだが、
爪の部分に小さな穴が空いてしまった・・・(左から二番目)
20050916233822.jpg

型取りって楽しい!!
自他共に常々言っている事だが管理人は芸術家より職人の方が向いている。

食品サンプル

夏休み実技第二弾。

今日は食品サンプルのパフェを作った。
レストランなどのウインドに飾ってあるやつだ。
なんと来てくださった特別講師の方の公房は家の近所だった。

作ると言っても一人ずつ作ると言うようなことをしていると時間がなくなるので、
ミカン、バナナ、チェリー班に別れて作る。
まずは材料となる樹脂に色を付ける。
樹脂は最初白濁しているがオーブンで加熱すると透明になるので、
バナナは白を多めに混ぜ、ミカンは無し(?)、チェリーは少なめで
あとは黄色や赤紫等を混ぜ作る。
一度オーブンの鉄板にたらして加熱し色を見て調節する。
次にオーブンで温めておいたシリコン型に樹脂を流し込み10分位加熱する。
早過ぎると固まらず、焼き過ぎると焦げるので注意。
しかしちょっとやそっとじゃ焦げないので大目の方が良いかも。
型から取り出し余分なバリをハサミで切り落とし、
ミカンは白いワックスのようなものを表面に摺りこみスジを浮き立たせる。
チェリーは既製のへた(?)を付ける。
バナナは一番大変で、油絵の具で着色するのだが、説明が難しいので省略。
さて全部できたら今度は盛る。
まずプラスティックの器に
チョコに見立てたちょっとシャビシャビの茶色い樹脂を少し入れ、
水周りの隙間などを埋めるパテを3分の1程入れ、
アイスの土台と思われるコーンとアイスがくっついた形のものを回しながら差込む。
(回しながら入れるとチョコと白いのが混ざってマーブルになる。)
その後は絞り袋に入れたパテやさっき作ったフルーツ、チョコシロップなどで飾り付ける。

自分はバナナ班に居たので大変だった・・・。
しかし盛り付けは楽しい♪結構テンコ盛りにした方が良い。
今日休んでた子の分とか言って凄いゴージャスなのを友人と3人合作で作った。
固まるまでは持って帰って来れないので写真はまた後日・・・

やっと持って来れた・・・
20050917005941.jpg

家は両親が喫茶店を経営しているので、そこに置いておこう。
しかし家ではパフェは扱っていないので悪しからず。

トンボ玉

今日は学校でトンボ玉を作った。
まだ一応夏休みなのに何故実技をしに学校へ行かなきゃいけないのか分からないが、
楽しいから良いか。

材料はガラスの棒だけ。
道具はバーナー、薬品が塗ってあるステンレスの棒、断熱材、ペンチ、
螺旋の棒、ゴーグル、テフロン(?)加工の取っ手付き金属板。

まずゴーグルをする。ガラスは急激な温度変化で割れてしまい、
下手をすると弾け飛ぶので必ずする事。
バーナーに火をつけ、右手に土台にしたい色のガラス棒、左手にステンレスの棒を持つ。
ガラス棒をバーナーの火より上の方で温め徐々に下ろしてきて溶かす。
溶かす時に真横や持ってる方を上にすると垂れてくるので、
溶かしてる側の棒の先を上に向け、クルクル回しながら溶かす。
出来上がりの大きさ位まで溶けたらステンレス棒をガラスを溶かしている下で温める。
この時ガラス棒の方の手を止めると垂れてくるので注意。
ステンレス棒もまわしながら熱する。赤くなったらガラスをたらしつつ棒に撒き付けていく。
巻きつける時のコツは、最初は炎の中でくっ付け、
巻き出してからステンレス棒を外にだしガラスは熱しながら巻く。
棒に付け終ったら、炎の中でくるくる回しながら熱して形を整える。
この時は棒を真横にしないとどちらかに垂れてきてまるにならないので注意。
しかし雫型にしたかったらどちらかに傾ければ良い。
そのほか四角や平べったくしたかったら加工してある金属板に押し当てて整える。
あまり熱心にやってると冷めすぎて急に炎に入れて割れたりするのでこまめに炎であぶる。
水玉模様を付ける時は細く伸ばしたガラス棒を火で溶かし、
玉になったら本体にくっ付け炎の中で引っ張って棒をちぎり離す。
螺旋模様の場合は同じように玉を作っておき、
ぐちゃっとくっ付けないでちょっとくっ付けすばやくくるくる回す。
細い棒は直接炎に入れても割れないのでそのまま突っ込んで大丈夫。
模様を付ける時もこまめに炎であぶる事。
最後に表面をなめらかにするためもう一度炎であぶり模様をなじまる。
あまりあぶり過ぎると模様が滲んでくるので注意、しかしわざとそうしても綺麗。
完成したら30秒ぐらい常温で冷まし、断熱材に挟んで冷めるまで待つ。
冷めたらペンチで棒を押さえながらくるくる回して棒から取り、
(薬品が炭化しているので回せば取れる。)
螺旋状になった棒で穴の中を掃除して、
とがった部分を砥石のようなもので削り完成。
(削ると白っぽく濁るので注意。)
思い出しながら一気に書き上げたのでどっか抜けてたりするかもしれない。
多分言葉で説明されても混乱するので、一度公房などで作らせてもらうと解り易いと思う。

造形は1個10分ぐらいで出来るが、
バーナーが8個しかなかったので順番待ちで時間を食い2つしか作れなかった。
20050913002815.jpg

大きい方は螺旋が消えてしまい、ボケてしまったがまぁ良い感じにできた。
小さい方は前のやつが毒キノコなんて作ってるから時間が無くなって
ちょっと急いだので歪だが、結構可愛くできた。
折角なので金具を取り付け他のブレスレットの紐に通して母の鞄に付けといた。
大きい方はどうにか帯止めにする予定。

因みに友人が不可抗力ながら作った雫形のトンボ玉。
20050913111522.jpg

バックは白だったのだが写り方で生成りになってしまった・・・
本体ももう少し明るい色なので、本物の色はご想像下さい。
ちょっと炎の下の方であぶり過ぎたらしく煤が入ってしまっているが、
それがまたいい感じだと思う。
雫をそのまま通すとアンバランスになってしまうので
金具を付けて縦向きなるようにしてあげた。
下のビーズはオマケ。
ってか自分のよりカッコ良く見えるなぁ・・・実物は互角だと思う(笑)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。