プロフィール

37

  • Author:37
  • 名古屋市在住・短大生・映画(舞台)裏方志望。
    レビューは大抵ネタバレしていますのでご注意を!!
    コメント・トラバ気軽にどうぞ。
    当ブログはリンクフリーですが、知らせて頂けると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西岡兄妹

純情な怪談を見に行った七つ寺共同スタジオで9月21~23日まで上演される
『うれしひ』という劇を見に行くことになった。
純情な怪談でもあったブロガーご招待という企画に応募したのだ。
純情な怪談の時はブログをはじめる前だったので前売りを買って行ったのだが、
それを買いにチケットぴあへ行った時にうれしひのチラシを見つけ、
イラストを描いている西岡兄妹という方を知っていたので気になって貰って来たのだ。

竹から覗く無表情な女の顔、縁の方には気付かれないぐらいの小さな文字で
「竹のなみだたれ なみだをたれ」と記されている。
説明を読むとどうやら幽霊もの。
リングとかには全然興味を惹かれないのだが、
ひっそりとした不可思議なものには強く心惹かれる。

西岡兄妹の作品は残酷童話と行った感じの物で、
お兄さんがストーリーを、妹さんが絵を描かれているらしい。
ヴィレッジヴァンガードで良く見かけ、変った画風に引き付けられいつも手に取るのだが、
ビニールに阻まれ中を見ることが出来ない・・・
一度だけ試し読み用に一冊置いてあるものを見つけ、内心ドキドキしながら読んだのだが、
ずいぶん前なのでそれがなんだったか思い出せない。
確か『花屋の娘』だったと思う。
内容も良く思い出せないのだが、何だかサイコを思い出したような、頭に花が咲いていたような・・・?
兎に角少々グロテスク・・・と言うより『残酷』だったのだけは覚えている。
目を覆いたくなるような表現をしている訳ではないのだけれども、
何と言うか、そう、飄々とした残酷だ。
妹さんの感情が無いのに暖かそうな画風の絵と、
お兄さんの淡々としたストーリがそうさせているのだろうと思う。
只、全部の作品を見た訳ではないどころか一冊だけ読んだのもうろ覚えなので、
作品によっては全く雰囲気が違うのかもしれない。

以前千種の方にあるデザイン系の専門学校で行われる小さなイベントに出されていたので、
もしかしたら名古屋の方なのかもしれない。
その時は都合が合わず、まさか来てみえるとは思いもし無かったので行かなかったのだが、
後で友人にパンフレットをもらって凄くビックリすると同時に、
用事なんかほっぽりだして行けば良かったと酷く後悔した。
その上行った子達は誰も彼等を知らなかったらしく、
(私にとっての)宝の山をみすみす素通りしてきたらしい・・・。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zenryokusissou.blog20.fc2.com/tb.php/17-d7663abc

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。