プロフィール

37

  • Author:37
  • 名古屋市在住・短大生・映画(舞台)裏方志望。
    レビューは大抵ネタバレしていますのでご注意を!!
    コメント・トラバ気軽にどうぞ。
    当ブログはリンクフリーですが、知らせて頂けると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLY,DADDY,FLY

娘が暴行され、その仇討ちに乗り出した“オッサン”(鈴木一:堤真一)と
ひょんな事から彼を鍛えるハメになった“高校生”(朴瞬臣:岡田准一)の一夏の冒険譚。

金城一紀“初映画脚本”らしいのだが、
先に小説が出てるし、『レボリューションNo.3』のスピンオフになってたので、
あとから映画の話が来たんだと思っていた。

今週で終ると知り、丁度18日は木曜で安いから観にいくことに。

度の強い方の眼鏡を忘れ取りに帰ると言うハプニング(結構良くやる)
がありつつ何とか開演に間に合った。

やっぱり好きな台詞がカットされている・・・(泣)
何でいつもそうなんだぁぁぁーーー!!!

配役に付いては舜臣が岡田君ってのはちょっと違うんでねーの?
と思っていんだが、思った程違和感無く寧ろはまっててビックリ。
本人も演じる事を「最高の栄光」と語っているので熱の入った演技でした。
只やっぱり立端が足りないかな、鈴木さんの方がデカイ・・・。
もっとがたいが良いイメージだったからなぁ。
でも、瞬臣が鈴木さんを親父に重ねて見てる様なとこがあるし、
鈴木さんも親の目線になってる時があるから丁度釣り合いとれてるのか。

山下は最高だった!!

漫画版は秋重学さんが作画担当。
まだ上巻しか読んでない。(と言うか下巻を持ってない)
こっちの瞬臣の方がイメージには合ってる。
石原(加害者)は漫画と映画じゃえらい容姿が違うが中身は面白いぐらい同じ。

山下はまたしても最高だった!!(笑)

小説、漫画、映画どれから入っても裏切られる事はないと思います。
是非すべて堪能して欲しいです。こう言う作品は結構珍しいのでは?

2005年夏ゾンビシリーズ第三作目発表予定らしいが、それらしい話題を聞かない・・・。
まだかなぁ~・・・
スポンサーサイト

コメント

打ち消しの文色付きの文字v-206太字の文
v-3

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zenryokusissou.blog20.fc2.com/tb.php/2-ab949644

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。