プロフィール

37

  • Author:37
  • 名古屋市在住・短大生・映画(舞台)裏方志望。
    レビューは大抵ネタバレしていますのでご注意を!!
    コメント・トラバ気軽にどうぞ。
    当ブログはリンクフリーですが、知らせて頂けると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークニューヨーク

戦後のアメリカ、勝利に酔いしれパーティーでは飲めや踊れの大騒ぎ。
そんな中サックス吹きのジミー(ロバート・デニーロ)は
歌手のフランシーヌ(ライザ・ミネリ)を強引にナンパする。
最初はかなり鬱陶しがっていた彼女もだんだん彼に惹かれていき、
結婚し子どもまで設けるのだが、自分達の夢のために別れてしまう。
その後フランシーヌは大スターの道を歩み始めるのだが・・・

キャバレーのライザ・ミネリが主演と言うことで借りて来たのだが、
顔が大分違う、不思議さが無くごく普通に綺麗と言った感じ。
細かい所作もキャバレーのサリーのような奇妙な動きはしない。
見事にサリーとは正反対と言える誠実な女性を演じている。
改めて凄い演技力なんだと痛感。
歌はやっぱり上手いがダンスシーンはあまり出て来ない。
母の話しだと歌っているところなど彼女の母ジュディ・ガーランドにそっくりだそうだ。

デニーロ若!!細!!(笑)
最近の可笑しなおっちゃんのイメージしかないのでギャップに笑ってしまった。
ジミーはかなり強引で自分勝手だが、凄く情熱的だ。
サックス吹きの役だがリズムと指の動きがあっている・・・吹いてる?訳ないか・・・?
彼の出演したアナライズ・ミーとアナライズ・ユーは最高!!
ジャン・レノと共演したRONINも好きだ。

題名になってるニューヨークニューヨークとは
ジミーがフランシーヌの為に書き彼女が詩を付けた曲なのだが、
多分聞けばすぐ分かると思う。
私は今日観るまでこの曲がこの映画の曲だという事を知らなかった。

終わり方はハッピーエンドともなんとも言えない終り方。
キャバレーの時とシュチュレーションとしては大差無いのだが、何故か後味が悪い。
この違和感は何だ?と思ったら、全編に渡って酷く現実的なのだ。
夢を追いかけている話しなのに(だから余計なのか)彼等は凄くリアルに行動する。
あの生々しさが少々苦手だ。

私は高校の頃一年間だけ吹奏楽部に所属しサックスを齧っていたのだが、
あまり上達しないまま止めてしまった。
しかし今でもやっぱり吹きたくて、今度買おうと思っているのだが、
今度今度と言って2年以上も経ってしまった・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zenryokusissou.blog20.fc2.com/tb.php/43-5e874bec

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。