プロフィール

37

  • Author:37
  • 名古屋市在住・短大生・映画(舞台)裏方志望。
    レビューは大抵ネタバレしていますのでご注意を!!
    コメント・トラバ気軽にどうぞ。
    当ブログはリンクフリーですが、知らせて頂けると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靨ト顎鬚 ~fossetta barba~

朝日新聞に載っていた記事を見て靴の個展へ行ってきた。

作者は岡野克俊さん。
経歴:
自分の表現には何が合うかを探し2000年10月からグレースシューズ靴教室で靴作りを学ぶ。
2002年3月よりAnntel Medialeとして活動を開始し、2つの賞を受賞するが、
靴を作りすぎ腕を傷めて2003年活動休止。
2004年デザインウィーク「ライブマーケット'04」でグランプリを受賞し、活動を再開する。
現在オリジナルシューズブランドfossetta barbaとして活動中。

“fossetta barba”とはイタリア語で“靨と顎鬚”と言う意味の言葉。
岡野さんそのまま!つまりはブランド名を変えない限り顎鬚を剃る事はできない。(笑)

会場はナディアパークの4Fの隅っこ、ひっそりとした隠れ家のような場所に、
黒・白・茶色のスタンダードな物から赤や緑など色とりどりな物まで色々な靴が並ぶ。
靴だけではなくコサージュや鞄もあるのだが、
コサージュにはガラスの目玉が真ん中に埋め込まれていたり、
靴も物凄く細長いものがあり、ユーモアのある作品も目立つ。
皮をご自分で染めるそうで、革靴なのに木目の物もあった。
どれもオシャレで可愛く、履き心地も良さそう。
ほとんどの品がオーダー可能で、
皮も自分で染めているので好きな色で作ってくれると言う。
さぞかし値段も張るのだろうと思ったら、
一足3万5千円前後と、頑張れば手が出せない値段でもない。

私の足は25㎝なのに1Eでも幅がありすぎる場合があると言う難儀な足で、
大抵ピッタリは合わない靴を履いている。
しかし、普段見に付けているものの中で靴を一番贔屓に見ているかも知れない。
特に皮の靴、それもスクエアカットでクラシカルなのが特に好きだ。
何だかあの形と言い、素材と言い、私のツボを押さえている。
他にもあまりはかないがヒールの物も好きだし、眺めているだけでも良い。
これだけ好きなのだから一足オーダーで買っても良いかもしれない。
何かの節目に一足作ってもらおうかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zenryokusissou.blog20.fc2.com/tb.php/72-650d70bb

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。