プロフィール

37

  • Author:37
  • 名古屋市在住・短大生・映画(舞台)裏方志望。
    レビューは大抵ネタバレしていますのでご注意を!!
    コメント・トラバ気軽にどうぞ。
    当ブログはリンクフリーですが、知らせて頂けると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆スト(参加)3日目

ライブアートのみの参加者はボディーアートの観覧無料ということで観ることに。
遅れそうになりつつ1時からの回にどうにかすべりこめた。
もうちょっと早く来るはずだったのに・・・間に合ったからまぁ良いか。
実は大まかな事しか聞いておらず、誰がどうするのか今一分かっていなかった。
行くとまず照明が暗くなっており演出の神(じん)さんがギターを弾いていた。
真ん中にくっ付けておかれた2つの箱(唐草のような模様が描き込まれている)に
2人の白塗り女性が座り、白い布を見にまとい化粧をしている。
一人はかなり濃い化粧、一人は無邪気に遊んでいるようだ。
2人とも目は焦点が合わず、そもそもどういう人物を演じているのか全く分からない。
暫くすると神さんが注意事項を述る。
化粧の終った2人は空いている客席に収まり、照明が更に落とされた。
映像が先だったか、女性が出てくるのが先だったか良く覚えていないのだが、
黒い衣装を見にまとった白塗り女性が中央の箱の方にゆっくりと近づき、
バックのスクリーンにはモノトーンの映像が流れる。

話の内容はドッペルゲンガー。
私が何かを欲すると現れるもう一人の私に悩まされる女の話。
私の欲を、手に入れることの出来ない小さな欲を、増大させて私に見せつける。
始めは影響力を持たなかったもう一人の私は
次第に本当の私に影響を与えるようになってくる。

このはなしを女性が語り、区切れで3回ぐらい現れる白塗りのペイント班に踊りながらペイントされる。
少々台詞のつかえが気になる以外はかなり良かった。
かなりの近さで見れるのがまた良いと思う。
ペイント班もでてくる度に白塗りの顔に絵が描かれていく。
描いている絵の具は普通のアクリル絵の具だそうで、
全身に描かれた女性はシャワーを浴びたそうだが、
他の人はガムテープで剥がして居た、白塗りだから結構綺麗に取れるようだ。

今度は3月に劇をやるそうだ、都合が合えば大道具を手伝わせて貰える。
早いところ一年次修了展に出す日本画を完成させなくては・・・

その後はガラス作家の矢野さんと昼飯を食べに下のカフェへ行き、
途中で合流した矢野さんの友人も交えて話をし、
食べ終わった後今回出していた以外のアクセサリー
(その時たまたま他のイベントで委託していた物のあまりが帰って来ていた。)
を安くしてもらった上にオマケまで付けて下さったので即買い。
ガラスペンの話をしたら作った事があるばかりか、
本山のお店で委託しているそうなので今度行って見ることにした。

イベント自体は後2日間、8日まで開かれる。
ボディーアートはもう終ってしまったけれど、空間自体が面白いので是非足を運んで欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zenryokusissou.blog20.fc2.com/tb.php/78-2d22332a

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。